12月【師走】

 師走の名の由来:僧侶が年末の仏事に走り回る意の「師はせ月」がなまったという説が有力。ほかに、日時が果てる月の意の「しはつる月」や、四季が極まる月という意の「四極月(しはつづき)」からという説も。

12月1日 (金) 映画の日 カレー南蛮の日 鉄の記念日 防災用品点検の日
12月2日 (土) ビフィズス菌の日 美人証明の日
12月3日 (日) わらべうた保育の日 ひっつみの日 個人タクシーの日 
12月4日 (月) 血清療法の日 E.T.の日
12月5日 (火) アルバムの日  国際ボランティア・デー
12月6日 (水) 姉の日 音の日
12月7日 (木) 大雪 国際民間航空デー
12月8日 (金) 有機農業の日 ジュニアシェフの日 
12月9日 (土) 障がい者の日  漱石忌
12月10日 (日) 世界人権デー アロエヨーグルトの日 
12月11日 (月) ユニセフ創立記念日 Cyber Monday(サイバーマンデー)(一二月第二月曜日)
12月12日 (火) 漢字の日 明太子の日 5本指ソックスの日
12月13日 (水) 「胃に胃散」の日 大掃除の日 
12月14日 (木) マダムシンコの日 討ち入りの日
12月15日 (金) 年賀はがき特別扱い開始日

●歳の市 12月中旬〜下旬

 年の暮れに、全国の神社やお寺などでさまざまな歳の市が開かれます。売られているのは、お正月の飾り物や食品、新年に向けて新調したい日用品など様々。いいところは、普通のお店と違って「値切れる」場合も。たくさんの人でにぎわう市で、お正月用品を探してみましょう。気持ちが一気にお正月モードに切りかわる、年末の風物詩ですね。

12月16日 (土) 電話創業の日 大洗濯の日(一二月第三土曜日)
12月17日 (日) 飛行機の日
12月18日 (月) ナボナの日 国連加盟記念日 国際移住者デー
12月19日 (火) まつ育の日 日本人初飛行の日
12月20日 (水) ブリの日 人間の連帯国際デー
12月21日 (木) 遠距離恋愛の日 回文の日  
12月22日 (金) 冬至 働く女性の日 労働組合法制定記念日 酒風呂の日

●柚子湯(冬至) 12月22日頃

 冬至の日には柚子湯に入ってかぼちゃを食べて・・・は定番ですね。寒さはこれからが本番。柚子湯はひびやあかぎれを抑え、血行を促進して体を温める効果があります。皮に含まれるクエン酸やビタミンCで美容効果も。冬至に柚子湯に入る由来は、運を呼び込む前に体を清めるという意味があったとか。「融通が効く湯治=柚子が効く冬至」なんて語呂遊びもあったそうですよ。
 
12月23日 (土) 天皇誕生日 東京タワー完工の日 
12月24日 (日) クリスマス・イヴ
12月25日 (月) クリスマス  スケートの日
12月26日 (火) ボクシングデー プロ野球誕生の日
12月27日 (水) 浅草仲見世記念日 ピーターパンの日
12月28日 (木) ディスクジョッキーの日 シネマトグラフの日
12月29日 (金) 筋肉を考える日(29日が金曜日) 福の日 
12月30日 (土) 地下鉄記念日  正月飾りの日
12月31日 (日) 大晦日 ニューイヤーズ・イヴ

●大晦日 12月31日

 一年の最後の日。大晦日の行事は古く、平安時代の頃から行なわれていたようです。本来、大晦日は歳神様をまつるための準備が行なわれる日でしたが、仏教の浸透とともに除夜の鐘をつく習慣が生まれたそう。お寺でつく一〇八つの鐘は、一〇八の煩悩を意味しています。鐘をつくことでこれらの煩悩を取り除き、清らかな心でお正月を迎えようということです。除夜の鐘を聞きながら、年越し蕎麦を食べて、この一年を静かに振り返ってみましょう。

<11月

2018年1月>