日産労連は、労働組合としての相互扶助の心や、スケールメリットを生かして、生活に関するサービスを提供するライフサポート活動に取り組んでいます。

日産労連

LIC リック ライフサポート活動

相談
メンタルヘルス相談
あなたの心をやさしくサポート

誰でも心の中に、悩みはあるものです。
「これだけは相談できない」「誰にも言えない」、そんな悩みを抱えてしまったら、 1度メンタルヘルス相談にお電話を・・・。いままでにない道が見えてくるかもしれません。
こんな相談でもいいのかなと思う前に、相談室にお電話してください。
リック会員の心とからだの悩みの相談を「北の丸カウンセリングセンター」の先生方が引き受け「心の健康」を守ってくれています。
相談は予約なしで月曜日~土曜日の10時~19時まで。携帯電話、メールでも無料で相談できます。
※リック会員、ご家族がご利用できます。
※相談者のプライバシーは守られます。


■申し込み先
申し込み・お問合せ先をご覧になるにはパスワードが必要です。
右の「申し込み先」ボタンをクリックして、ユーザーID・パスワードを入力してください。
パスワードは「あなたの生活応援団」に掲載しているパスワードを入力してください。
※パスワードが不明な方は、所属組合または日産労連リック局までお問合せください。
こんな時に相談すると・・・
 
何となく毎日が面白くない
仕事にも 身がはいらない
わけもなくイライラする。もやもやしている、混乱している
人(家族、同僚など)とどうもうまく歯車が噛み合わない
子どものことで悩んでいる
病院に通っているが充分に話を聞いてもらえない
家族や同僚、周囲の方々が、いつもと様子が違うが、どのように声をかけてよいかわからない
本当の自分が発見できます
生き方のヒントが得られます
思い込みから解放されます
発想の転換が得られます
思っている事を話して心が軽くなります
メンタルヘルス相談室より
 
世の中には、不安に思える事柄ばかりが起こっているように思われます。
相談室にも、うつ症状を感じた方からの相談が増えています。

〔症状〕は、とても大切な身体内部からのメッセージなのです。
『現状を変えなくては、もうやっていかれません。身体が壊れてしまいます』というS.O.Sの信号なのだと思ってください。症状が教えてくれる、自分の弱さや陥りがちな対人関係のパターンを克服して、自己実現に向け、病気を生かす好機でもあるのです。

うつ病対策のポイントは早期発見、早期治療です。
 
〔うつ症状の見わけ方〕
◆他者の視点として
イライラ感情の起伏が激しくなっている
仕事の能率が落ちている
表情が暗くうつうつしたり、ボンヤリしていることが多いなど今までと明らかに違ったマイナスイメージがある (まれに疲れを知らないほどエネルギッシュになることもある)
◆本人の視点として
睡眠:浅い、寝つきが悪い、早朝覚醒が続く
食欲:不振、美味しくない、食べだしたら止まらない
身体:だるい、やる気が出ない、頭痛、発熱、嘔吐、体重激増減、性欲減退、集中できないなど

「こんな相談でもいいのかな」と思う前に、「周囲の方で対応に困った」時にも気軽に相談室に電話してください。
カウンセラー
北の丸カウンセリングセンターのカウンセラー

※電話相談は無料です。
※面接相談は予約が必要です。面接相談では1人20回まで無料です。