2022年5月

<リック生命共済>新型コロナウイルス感染症に関するご案内

この度の新型コロナウイルス感染症の影響を受けられた皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。リック生命共済における新型コロナウイルス感染症に関する取扱いについて、以下の通りご案内いたします。

1.入院について
検査による結果が、陽性・陰性にかかわらず、医師の指示で医療機関に入院された場合は、病気による入院共済金のお支払いの対象となります。

2.宿泊施設・自宅での療養について

新型コロナウイルス検査の結果が陽性で、入院による治療が必要であったにもかかわらず、医療機関の事情により、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)に入所もしくは自宅にて療養し、医師の治療を受けている場合等も入院共済金のお支払いの対象となります。
 その場合、医師による診断書または保健所による指示書等(「陽性判明日」が明記されているもの)が必要となります。※My HER-SYS(厚生労働省 新型コロナウイルス患者情報等患者把握・管理支援システム)も可。

3.新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応について
 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後の副反応で入院・死亡等された場合、入院共済金、死亡共済等のお支払い対象となります。

 生命共済の申請手続き・必要書類については「共済の給付申請」をご確認ください。